子育て

子連れ海外旅行にオーストラリアをおすすめする7つの理由

子連れで海外旅行、行きたいですよね。

こんにちは、かものはし(@platypus___)です。

子連れ海外旅行となるとハワイが圧倒的に人気かもしれませんね。

でも、オーストラリアも子連れで行くのにおすすめです!

2歳11か月と8か月の子ども連れでオーストラリア旅行にいってきました!

子連れでオーストラリアに行ってとってもよかったので、その理由をご紹介します!!

かものはし
かものはし
楽しかったなぁ~

子連れ海外旅行におすすめのオーストラリアはどんな国?

オーストラリアはこんな国!

  • 正式名称は、Commonwealth of Australia
  • 政体は立憲君主制連邦制
  • 日本は中国に次ぐ2番目の輸出相手国。鉄鉱石石炭牛肉などが輸出されている
  • オーストラリアの東側は、温暖湿潤気候西岸海洋性気候の過ごしやすい気候(ブリスベン、シドニー、メルボルンなど)
  • 西側は乾燥したステップ気候グレートアーテジアン盆地があり、さらに西は砂漠が多い
  • 西側の都市は、西海岸のパースくらい
  • 世界遺産として、シドニー・オペラハウスやオーストラリアの囚人遺跡群などの文化遺産、グレートバリアリーフなどの自然遺産、ウルル=カタ・ジュタ国立公園などの複合遺産がある

子連れオーストラリア旅行は直行便でいける都市がおすすめ!

オーストラリアの都市のうち、東京から直行便があるのは以下5都市!乳幼児連れでトランジットするのは大変なので、直行便でいける都市を選びました。

海があり、観光もでき、いちばんフライト時間が短いということで、私はケアンズに決めました。

( )内は往路便の目安フライト時間です。

直行便でいける都市
  • ケアンズ(7時間25分)
  • ゴールドコースト(8時間50分)
  • ブリスベン(9時間0分)
  • シドニー(9時間30分)
  • メルボルン(10時間30分)

オーストラリアに子連れでいくのに欠かせないグッズ

気候はいいものの、紫外線が強いので、日焼け対策は必須です。

子連れの場合、なにかあったときのためにも、レンタルWiFiがあると便利です。わが家ははぐれたり、別行動したりしたときのために、夫と私でそれぞれ1台レンタルしました。

Amazonアカウントで支払いできるオージーデータは、高速値段も手頃で便利でした!

詳細は公式ページをご覧ください→【オージーデータ】

あと、現金は少しある方がいいですね。ヨーロッパの感覚で現地通貨に両替せずにいったら、少し困る場面がありました。ヨーロッパほどにはカード社会ではなく、とくに少額の買い物は現金しか使えないお店も時々あります。

私は、5000円を現地で替えましたが、カードメインで過ごしたので、残るほどでした。

忘れないでね
  • 帽子
  • 日焼け止め
  • 羽織るもの
  • レンタルWiFi
  • 現金

子連れ海外旅行におすすめのオーストラリアを愛する人たちの声

私のTwitterでのつぶやきに、たくさんのオーストラリア好きからコメントをいただきました。

私自身は、高校時代に2週間のホームステイを含めて3週間滞在したのがきっかけで大好きになりました。

行ったのは、ケアンズ、エアーズロック、パース、シドニー。

社会人になって、仕事でメルボルンへいきました。そして子連れ海外旅行でケアンズへいき、今年また仕事でメルボルンへいく予定です。

以下、オーストラリアファンの声を載せました。

かものはし
かものはし
私はパースにまた行きたいなぁ

かものはし
かものはし
エアーズロックにもまたいきたい!!

かものはし
かものはし
パース押しの声も!!

かものはし
かものはし
「月への階段」調べてみたらすごく神秘的!見てみたい!

子連れ海外旅行にオーストラリアをおすすめする7つの理由

子連れ海外旅行にオーストラリアをおすすめする理由です!

①英語が通じる

少し発音は独特ですが、英語圏です。子どもと一緒にいくなら、ある程度は意思疎通ができる国を選びたいですよね。やっぱり英語を話す国だと安心です。

②気候がよい

時季にもよるでしょうが、乾季のケアンズはとても過ごしやすかったです。

日中は暑いのですが、湿度が高くないので不快さはありません。娘の靴を洗って外に干しておいたら、2時間ほどで乾いていました。

同じオーストラリアでも、都市によって多少異なりますが、過ごしやすい気候の場所が多いですね。

季節は逆転しているので注意が必要です。あと、昼間は暑くても夜は涼しくなります。

③時差が少ない

ケアンズと日本では、ケアンズが1時間進んでいます。シドニーの場合は2~3時間進みます(サマータイム時は2時間差)。

ハワイと日本では、日本が19時間進んでいます。

時差が少ないのは、子連れにとって、とても大きなメリットではないでしょうか。

子どもの生活リズムが乱れにくいです。

④フライト時間が長すぎない

フライト時間はオーストラリアのケアンズだと7時間半ほど。

ハワイは往路で7時間、復路は8~9時間かかるので、ほとんど変わりません。

アジアと比べると長いですが、短い方ですよね。

実際、往路は夜出発の便だったので、娘も息子もほとんど寝ていました。復路は昼便だったので、途中飽きてしまい少々大変でしたが…。

なんとか乗り切ることができる時間でした。

⑤治安がよい

ケアンズなどの観光地もその他の都市も、こじんまりしていて治安も悪くないので、歩きやすいです。

とはいえ、日本よりも治安がいい国はなかなかありません。海外であることを忘れないよう楽しんでくださいね。

⑥ご飯に困らない

オーストラリア特有の料理はあまりないのかもしれませんが、各国の料理店があり、味も食べやすく、色々な料理を楽しめました。

朝はホテル近くのカフェで、コーヒーとガレットやエッグベネディクト、ラップなど。

夜は、イタリアン、インドカレー、海鮮、肉など、大人のご飯には困りませんでした。

とはいえ、ご飯とお味噌汁好きの娘からすると、少し不満だったようです。

ベビーフード三昧の息子は、飽きたのか、3日目くらいから日本から持ち込んだベビーフードを食べなくなってしまいました。

かものはし
かものはし
ハンガースト起こしていたよ…

オーストラリアのベビーフードを現地スーパーで調達したところ、一旦は食べるようになりました。でも結局旅行の後半は、ミルクメインで過ごしました。

帰国後、出汁を持っていって、ベビーフードの風味を変えたら食べたかもしれないなぁと思いつきました。

⑦子連れに優しくフレンドリー

観光地ということもあるでしょうが、フレンドリーな方が多い印象です。

カフェの店員さんも親切な方が多かったです。子連れにも優しく、基本的にどこでもミルク用のお湯を快く入れてくれました。水筒にたっぷり入れてもらったことも!

かものはし
かものはし
オーストラリアの水は一応飲めると言われているよ!

レストランでは、待ち時間に、テーブルに敷いた紙にお絵かき出来るよう、クレヨンを出してくれるところもありました。

店員さんだけでなく、カフェのお客さんやラグーンで会う人などにもよく話しかけられました。

日本でもそうですが、オーストラリアでも、子連れだと話しかけられやすいのかもしれません。

ハワイだけじゃない!子連れ海外旅行のおすすめはオーストラリア!

いかがでしたか?

オーストラリアは気候が穏やかで人々がフレンドリー!子どもと一緒に楽しめる国です!

娘もコアラを抱っこしたり、スカイレールや高原列車に乗ったりとオーストラリアを満喫しました。

まだ歩けなかった息子は主に抱っこされているだけでしたが、ベビーフードを食べなくなったこと以外、滞在中に不便はなかったです。

今回、子連れで海外旅行にいったのは、2歳11か月の娘に海外の雰囲気を体感してほしかったからです。英語を、実際に話される言語として、肌で感じてもらいたかったからです。

娘がどこまでなにを感じたかは分かりませんが、オーストラリアは楽しい思い出として刻まれたのは確かなようです。

あなたもぜひお子様と一緒にいってみてください♪

子連れ海外旅行におすすめのスーツケースはこれ!>>【リモワのスーツケース 大型サイズレビュー】女性にもおすすめな圧倒的なメリット

リモワのスーツケース 大型サイズレビュー!女性にもおすすめな圧倒的なメリットRIMOWA(リモワ)スーツケースの口コミです。 2019年版、一週間滞在用サイズのラインナップ掲載!メーカー5社で比較して分かった、リモワのスーツケースの圧倒的なメリットとは?小柄な女性にもおすすめ!海外出張や子連れ旅行に!...

子どもの知育に取り入れてみよう!>>【3歳の知育におすすめ】遊びに漢字をとりいれると知能が伸びる

3歳の知育におすすめ!遊びに漢字をとりいれると知能が伸びる3歳って、言葉が達者になってきて会話がおもしろいですよね。 こんにちは、かものはし(@platypus___)です。 娘は、...
かもたくん
かもたくん
 最後まで読んでくださってありがとう!twitterでブログの更新情報などを発信しているよ。フォローしてくれたら嬉しいな(@platypus___)♪
こちらの記事もおすすめ!