子育て

泣かせないネントレで赤ちゃん二人を夜泣きゼロにしたやり方

ネントレは新生児から無理なく始められます。

こんにちは、かものはし(@platypus___)です。

仕事復帰したワーママにとって、夜しっかり眠れるかどうかは、翌日のパフォーマンスを左右する、重要命題です。

一人目妊娠中、0歳4月で仕事復帰する気満々だった私は考えました。

夜泣きなんてされたら困る!なんとか回避できないものか、と。

そして、新生児から無理なくできるネントレを取り入れることで、娘は無事、完全母乳でも夜泣きのない子になりましたので、その方法をご紹介します!

二人目の子である息子は完全ミルクで、性格も娘とはぜんぜん違いますが、やはり夜泣きのない子になりました。

このネントレ方法は、自信をもっておすすめできます!

  • よく寝る子になってほしい
  • 夜泣きを回避したい
  • 断乳はまだしたくない
  • 欧米式の泣かせるネントレはやりたくない
  • 夜しっかり寝たい

時間のないママへ。本当に使える時短グッズだけを集めました。

時短料理にほんとうに役立つグッズをフルタイムワーママが選んだ5選時短料理、とくに夕飯を作る時間はできるだけ短くしたいですよね。 こんにちは、かものはし(@platypus___)です。 私...

新生児から無理なくできるネントレの本

先にお伝えします。

私はこの本を読んで、実践したところ、娘も息子も、生後2~3か月頃には、夜中1回起きるか起きないか程度によく眠り、その後も夜泣き知らずになりました。

『赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド!』

本には、夜泣きの原因や生活リズムのつけ方、寝かしつけ方法を変更する際のポイントなどが書かれています。

月齢に応じた一日のスケジュール例も載っていて、参考になります。

私は、ジーナ式の本で「新生児を別室等で一人で寝かせて、泣いても抱っこせず、一人で眠りにつける訓練をする」と読んで、私にはできないと思いました。

ジーナ式ネントレをした友人からも「初めの3日間は泣いても抱っこできなくて気が狂うかと思った!」と聞いていました

そこで散々探して、出会った本でした。

同じように、ジーナ式ネントレは向いてないかも、と感じるママにはおすすめのやり方です。

この本のおかげで、完母の娘も、完ミの息子も、横にいるだけで寝付き、夜泣きのない子になりました。

ネントレを始める前の基礎知識!赤ちゃんの夜泣きの原因

大きく二つあります。

一つ目は、体内時計。

本来、体内時計は24.5時間周期です。それを1日24時間のリズムに合わせるために、朝の太陽の光を浴びてリセットする必要があります。

生まれてすぐ、新生児の頃は、体内時計が働いておらず、昼夜の区別もありません。

生後1か月ほどすると、体内時計が動き始めますが、まだまだ未熟の状態です。リズムがないうちは、夜に目が覚めて泣いてしまいます。

二つ目は、寝かしつけの習慣です。

特定の条件、例えばドライブにいく、立ってゆらゆらするなどの条件がないと眠れなくなってしまうと、目が覚めるたびにその条件が必要となり、夜泣きにつながります。

新生児からの泣かせないネントレは添い寝推奨

赤ちゃんにもママにも優しいネントレは、新生児から始められます。

泣かせたまま放置することもありません。また、一人で寝かせる必要はありません。

むしろ添い寝を推奨しています。添い寝は、赤ちゃんが安心でき、精神安定によいことが分かってきています。産院でも推奨されました。

ただし、私は赤ちゃんの横で寝るとリラックスできず眠りが浅くなることもあり、わが家では大人のベッドにベビーベッドを横づけしました。

娘は1歳半頃まで、息子は6か月頃まではベビーベッドで寝ています。身体つきがしっかりしてきた頃から、大人ベッドで一緒に寝ています。

添い寝をするかどうかは自由に決めて大丈夫です。

やり方としては、新生児のうちから、夜泣きの原因を作らないようにしていきます。

体内リズムが整うのが、生後3~4か月と言われています。

それまでに、朝起きたら太陽の光を浴びて一日をリセットし、地球の時間に合わせられるようにしていきます。

寝かしつけの習慣として、親が負担になる方法をなるべく定着させないことも大事です。

新生児のうちから、寝かしつけの習慣を意識することで、体内リズムが整う頃には、苦労せずに寝付くことができるようになりました。

では、次項より、具体的に実践したネントレのやり方をご紹介します!

新生児から始めるネントレのやり方

私が実践した「新生児から無理なく始めるネントレ」の8つのポイントをご紹介します!

できるところからぜひやってみてください。

①昼は明るく賑やかに、夜は暗くする

第一子の場合、日中賑やかにすることは意外と難しいです。私も娘と二人でしーんとしていました。

まずは、絵本を読んだり一緒に遊んだり、お散歩したりするので十分です。

赤ちゃんのうちは、夜もリビング等で寝かせることがあるかもしれませんが、大人が起きている間も、暗い寝室等で寝かせた方がよいです。

昼夜のリズムがつきやすくなります。

わが家は2階の寝室で寝ています。リビング階段ということもあり、泣いたら聴こえます。

心配な場合は、ベビーモニターの利用もオススメです。

暗視カメラで、寝ている様子が分かりますし、泣いたらモニターが作動する機種もあります。

②夜7時には寝かす

本には、遅くとも夜8時までに寝かせましょうと書かれています。

第一子である娘のときは、夜7時就寝を目指しました。赤ちゃんの睡眠時間を十分確保したかったのと、夜の大人時間が長くなるので。

「夜は暗く」かつ「夜7時には寝かす」は産院のときから実践しました。

大部屋でしたが、たまたま、最終日以外は私たち親子だけだったので、消灯時間を待たず、勝手に消灯していました。

娘は寝ぐずりが激しめで、新生児~生後2か月くらいまでは、寝付くまで1時間、長いときで2時間かかることも。

逆算して夕方5時とか6時頃から寝かしつけを開始しました。

おでかけは、基本的に娘の就寝時刻がずれないように設定し、旅行もリズムが崩れ過ぎないように計画しました。

娘は、3歳過ぎる頃まで、夜8時以降に外にいたことは、数えるほどしかありません。

生後6か月で復職してからは、寝るのが8時頃になってしまいましたが、すでにぐっすり眠るペースが出来ていたので、特に問題は起こりませんでした。

③早起きをする

夜、早く寝かせたくても赤ちゃんが寝てくれない、ということもあるでしょう。早く寝かせるためには、早起きすることが大事!

早寝早起きではなく“早起き・早寝”でリズムを作っていきます。

私は朝が苦手で、この点が不安でした。

本には、朝7時頃には起きましょうと書いてありましたが、私は8時までを目指しました。

それでも、夜中に授乳等で起きると、起きられないときもありました。

そんなときは、一度は娘と起き上がり、カーテンを開け朝日を浴びて、二度寝するようにしていました。

はたして、この行動に意味があったのかは、分かりませんが、。。。

息子のときは、早起きの娘に起こされるおかげで、この点は苦労しませんでした。

④寝言泣きを見極める

赤ちゃんは意外と寝言を言います。といっても、まだ話せないので、泣くという形で現れます。

その度に抱き上げることで、かえって意識づいてしまい、ちょこちょこ起きて泣く、という癖につながることがあると、本に書いてありました。

寝言泣きの場合、2~3分ほど様子を見ていると落ち着きます。40~60分ごとに寝言泣きのサイクルがあり、可能性が高まります。

赤ちゃんが夜泣いたとき、特に、授乳やミルクのタイミングではない場合、寝言泣きかどうかを見極めることが大事です。

実際、意識していると、娘も息子も、寝言泣きは結構ありました。

⑤添い乳はしない

添い乳は、睡眠リズムを作るという観点では、推奨されません。

赤ちゃんが泣く度におっぱいを咥えさせる習慣がついてしまい、おっぱいが安眠グッズになってしまう可能性があります

ただの寝言泣きのときにもおっぱいが与えられると尚更です。

ということで、どんなに眠くとも、私は夜中も座って授乳しました。その姿勢のまま寝ていることはよくありましたが。

添い乳自体は、赤ちゃんが安心するし、ママも身体を休められます。冬の寒さに凍える心配もありません。

添い乳をする場合は、寝言泣きかどうかを判断し、タイミングを見極めてあげるようにしてみてください。

⑥おっぱいで寝かせない

添い乳と少し被るのですが、眠りに落ちる瞬間に、おっぱいを咥えていないよう意識していました。

おっぱいが入眠グッズになってしまうのを防ぐためです。

月齢が小さいうちは、寝る直前に授乳はするのですが、眠りに落ちる前のうとうとしている状態のうちに、おっぱいから口を外すようにしました。

タイミングが悪いと、外すことで泣いてしまう場合もあるので、結局おっぱいで寝てしまうこともしばしば。

それでも、寝る前の授乳は、歯が生えてきて、虫歯が気になりだした頃、それほど苦労せずにやめられたので、意識していた甲斐があったのかもしれません。

⑦寝かしつけ方法を一定にする

日によって、あるいは人によって寝かしつけ方法が違うと、いつもとちがーう!と余計に泣くことがあります。

寝かしつけ方法は、なるべく大人が楽な方法で、いつも同じであることが望ましいです。

本には、すでに定着してしまった寝かしつけを変えるコツも書かれています。

夫や母にも協力してもらい、基本は立たずに、座って抱っこしてトントン、ダメなら座ってゆらゆら、という方法で寝かしつけることにしました。

娘のときはかなり苦労しました。

娘は寝ぐずりがひどく、特に夫は、すぐに立ってゆらゆらしがち。夫の言い分としては、最終兵器おっぱいがないから。

でも、できる限り、手をかけずに寝かしつけることを心掛けたからか、最終的には、横にいるだけで寝付くようになりました。

⑧入眠グッズ/儀式を作る

入眠グッズや儀式があると大人が楽できます。

といっても、これがまた難しく、オルゴールを聞かせる、特定の子守唄を歌う、ぬいぐるみを置いてみる等々試しましたが、定着しませんでした。

生後8か月頃から、娘は、私の脱いだTシャツ等で落ち着くことが増えました。

初めはどのシャツでもよかったのが、段々ある1つのTシャツに限定されていき、入眠、さらに精神安定グッズとして定着しました。

そうなってからは、とても楽でした。

ただ、いまだに、保育園に行くとき以外は常に一緒です。

いつ手放せるのか、少し不安もありますが、ちゃんと言い聞かせれば家に置いていけることもあるので、なんとかなるかなーと考えています。

息子は、指しゃぶりが一番の入眠グッズになっており、自己解決型です。タオルを握りしめるのも好きです。

2人の共通点として、暗い寝室に入ること自体が、入眠のスイッチになっている気がします。

二人目の夜泣き対策にも優しいネントレ

第二子である息子は、産まれた翌日にNICUに入ってしまったこともあり、娘のときのように夜7時消灯はできませんでした。せっかく個室の産院にしたのに。

退院後も、既に娘が8時半頃に寝るリズムになっていたことと、2人育児が大変だったこともあり、7時に寝かすのは、諦めました。

新生児のうちは、早くて8時、遅いと9時~10時になっていました。

息子は、娘とは違って、寝ぐずりがほとんどなかったのは幸いでした。

座って抱っこしてトントンすると寝付く子でした。完ミで、お腹が満たされていたからかもしれません。

2人同時に寝かしつけるため、やむを得ず、大人と同じベッドに寝かせました。

必死にトントンしたり宥めたりしているうちに、息子も、横にいるだけで勝手に寝るようになりました。

所要時間、約10分。

なにかとお手軽な二人目です。

生後2~3か月して、2人の寝かしつけに少し慣れてきたので、8時半~9時頃に寝るリズムで落ち着きました。

息子がよく寝る子になったことから、早い時間にこだわりすぎる必要はなく、毎日、なるべく同じ時間に寝かせることを意識するのが大事なのだと捉えています。

ネントレ新生児からのスケジュール例

『赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド』には新生児からスタートして、月齢ごとの参考スケジュールが載っています。

全部この通りにするのは難しいかもしれませんが、リズムをつける参考になりました。

例として、5か月~6か月のスケジュールを載せました。

お昼寝は、したいだけ寝かせるのではなく、目安時間を参考に起こすことを奨めています。

また、朝寝・昼寝・夕寝の3つに分かれていることをイメージしてリズムをつけるといい、と。

私は、寝たいだけ寝かせたかったので、基本的に昼寝は起こしませんでした。夕方遅くまで寝かせ過ぎないことだけ、意識しました。

夕方5時頃までに起こすのがよいです。

それでも、だんだん、昼寝のタイミングは一定になっていきました。

ネントレを新生児から無理なく実践して夜泣きのない子にしよう

以上、ジーナ式をやりきる自信がない方へおすすめの新生児にも優しいネントレ方法をご紹介しました。

新生児から始められる方法ですが、それ以降でも遅いということはありません。

私が『赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド』をおすすめした友人は、1歳児の夜泣きをなくせました。

子どもの性質やお家の環境等が違うので、すべて本の通りにするのは難しいですよね。

私も、うまくいかないことはたくさんありましたが、娘と息子の夜泣きを回避できました。

無理しすぎず、自分流にアレンジしてやってみてください♪

保育園に入ってからの離乳食の進め方に不安がある方へ

保育園入園後の【離乳食の進め方】生後6か月で預けたママが徹底解説ただでさえ進め方に迷う離乳食。保育園に入園してからの離乳食の進め方、気になりますよね。保育園の一回食、二回食、三回食の時間はいつ?どんなスケジュール?新しい食材はいつ試す?離乳食期のおやつはなに?という疑問、生後6か月から保育園に通う娘の例を参考にお答えします!食材リストやアレルギー食材の進め方も載ってます。...

保険の見直しは育休中にしないと一生見直さないかも…!?

保険料の見直しが今すぐ必要な人の特徴6つ保険料を無駄に支払っている可能性がある人の特徴、分かりますか?保険もれっきとした金融商品です。しっかりと理解して自分にあった保険を選ぶため相談できることもあります。まずは、自分が保険を見直した方がいい人の特徴に当てはまるかどうか、確認してみてください。...
かもたくん
かもたくん
 最後まで読んでくださってありがとう!twitterでブログの更新情報などを発信しているよ。フォローしてくれたら嬉しいな(@platypus___)♪
こちらの記事もおすすめ!