時短

電気圧力鍋クッキングプロとホットクックの違いを検証!メリットデメリットも

クッキングプロはほったらかし調理ができる電気圧力鍋です。

かものはし
かものはし
でも…ホットクックとどう違うんだろう?

購入を検討するにあたり、コンロで使う圧力鍋愛用の私が、デメリットも含め気になったことをまとめました。

以下の内容をご紹介します。

クッキングプロの特徴

クッキングプロとホットクックの違い

クッキングプロのメリットとデメリット

クッキングプロの最安値

ほったらかし調理の間、お風呂に入ってもいいし本を読んでもいいですね。

忙しいワーママは子供との時間を増やせます。

あなたなら何をしますか?

ショップジャパン公式サイトで買うと無料で延長保証!

ショップジャパン公式サイト

クッキングプロの特徴は?

クッキングプロは1台で以下8つの機能を持ちます。

  1. 圧力調理
  2. 炊飯
  3. 無水調理
  4. 蒸し
  5. スロー調理(長時間煮込み)(NEW)
  6. 温め直し
  7. 煮込み
  8. 炒め(NEW)

前モデルのプレッシャーキングプロから2つの機能が追加されました。

クッキングプロの一番のメリットは、コンロで使う圧力鍋と違い、圧力調理をほったらかしできることです。

普通の圧力鍋だと下準備で炒めて、加圧してオモリが振り切るまでは火をつけているので、火を止めるまではキッチンから離れられません。

クッキングプロなら、下準備が終わってスタートすれば、加圧中から別のことができます。

機能の詳細はショップジャパン公式ページをご確認ください。

\新色レッドもあるよ/

クッキングプロとホットクックを比較した違いは?

ホットクックのデメリットとして本体が大きいことがあります。

私がホットクック購入をためらう一番の理由でした。

クッキングプロは高さはありますが、ホットクックの小さいタイプと比べても幅と奥行きが一回り小さくなります。そして軽いです。

お値段もお手頃ですね。

税込価格(2019年10月) サイズ 重さ
クッキングプロ 16,170円 幅285×奥行273×高さ295(mm) 約3.6kg
ホットクック 2.4L 45,800円 幅395×奥行305×高さ240(mm) 約6.1kg
ホットクック 1.6L 40,781円 ‎幅364×奥行280×高さ224(mm) 約5.2kg

 

クッキングプロは電気圧力鍋で、ホットクックは水なし自動調理鍋なので製品のしくみは違います。

ですが”ほったらかし調理”ができる時短調理家電という点で、機能比較してみました。

クッキングプロ ホットクック
圧力調理 ×
炊飯
無水調理
予約機能
かきまぜ ×
保温 〇(最大24時間) 〇(最大12時間)
あたため直し
長時間煮込み
煮つめ機能 〇(機種による)
WiFi接続 × 〇(機種による)
レシピ 100種以上 150種以上
お菓子・パン ×
パスタ
煮物
お味噌汁

クッキングプロには、WiFi接続やかきまぜ機能はありません。お菓子やパンも工夫次第で作ることはできますが、メインの用途にはならないでしょう。

一方で、煮込むことは大得意。電気「圧力鍋」なので当然ですが、圧力鍋としての用途が一番優れています。

例えば、いわしなどの魚も骨まで食べられるほど柔らかく煮込むことができ、いわし缶いらずの完成度です。

クッキングプロのレシピは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ショップジャパン【公式】(@shopjapan_official)がシェアした投稿

クッキングプロには専用のレシピ本があり、100品が掲載されています。

定番レシピは以下の4つ!どれも圧力鍋が得意とする料理ですね。

  1. いわしのまるごと甘露煮
  2. 豚の角煮
  3. あさりとキャベツのスープペンネ
  4. ビーフシチュー

基本的な手順は、下ごしらえをしてクッキングプロに材料を入れて、設定してスタート!

例として豚の角煮のレシピを載せておきます。

豚の角煮
  1. 材料を入れる
    肉・長ねぎ・しょうが・調味料を入れてふたを閉める
    圧力切り替えバルブを「圧力」に合わせる
  2. 加圧を開始する
    「肉・豆」ボタンで30分加圧する
    加圧後、加圧表示ピンが下がるまで待つ
  3. 煮つめて、仕上げる
    ふたを開けて煮つめる
    「煮込み/炒め」ボタンで15分調理して完成

加圧後、圧が下がるまでに15分ほどかかりますが、とにかくほったらかしできるのがありがたいですね。

クッキングプロのデメリットは?

デメリットは2つ感じました。

減圧に意外と時間がかかる

煮つめ/炒め機能が一回3分しかできない

圧力鍋なので、加圧後の減圧には15分ほどかかります。ただ、ほったらかしておけばいいので、完成時刻を逆算してセットすれば、気にならないでしょう。

煮つめと炒め機能は製品の仕様上、3分で一度切れてしまいます。15分煮つめたい場合は、3分×5セットやる必要があり少々面倒かもしれません。

でもデメリットを上回るメリットがあります。

クッキングプロのメリットは?

私が感じる、クッキングプロのメリットを3つ挙げました。

  1. 一台で圧力調理も無水調理もできる
  2. ほったらかしでおいしい料理ができる
  3. 本体が大きすぎない

圧力鍋を愛用している私としては、圧力調理ができるのがうれしいポイントです。肉や魚がほんとうにやわらかく仕上がります。

素材の味を引き出す無水調理も欠かせない機能。それを一台でできるのはとてもありがたいです。

圧力調理や無水調理をほったらかしている間にできるというのが最大のメリットですね。

ホットクックは本体が大きいのがネックですよね。クッキングプロはホットクックより一回り小さく、幅も奥行きも30cm未満なので、設置しやすいです。

私が愛用中のコンロ用圧力鍋は、加圧0分ですぐに火を止められるのが魅力です。

2019年大みそかまで7,225円引きです♪

クッキングプロの口コミは?

ツイッターやインスタグラムでも知る人ぞ知るクッキングプロ(前モデルのプレッシャーキングプロ含む)。

口コミをピックアップしてみました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@fried_pride_shiho)がシェアした投稿

クッキングプロの最安値は?

クッキングプロはレシピ本つきで16,170円です(2019年10月現在)。

楽天愛用者であれば、楽天セールやお買い物マラソン時を狙って買うのもありです。

\楽天ポイントをゲットするなら/
ショップジャパン楽天市場店

ショップジャパン公式ページから購入すると、延長保証が無料でつきます(通常1年が2年に)。

\延長保証つきで安心して使うなら/
ショップジャパン公式サイト

クッキングプロはホットクックに負けない実力をもつ時短調理家電

クッキングプロの機能やホットクックとの違い、メリットデメリットをまとめました。

下ごしらえをしてクッキングプロにセットしたら、あとはほったらかしておくだけ!

圧力鍋に使い慣れている私にとってはかなり使えるほったらかし調理家電でした。

クッキングプロを使ってできた時間であなたなら何をしますか?

お風呂に入る?
子供と遊ぶ?
読書する?

疲れて帰ってきた夜を有効活用しましょう♪

時短調理家電をフル活用しても大変なときは家事代行の料理作り置きで得られる5つのものを読んでみてください。

\延長保証つき/
ショップジャパン公式サイト

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

こちらの記事もおすすめ!