宅配食材

パルシステムの口コミ!離乳食期から4年使ったママがデメリット含めて徹底解説

パルシステムを4年以上使っている2児のワーママがメリットやデメリットを含めた口コミをすべてお伝えします。

ママ
ママ
パルシステムの食材宅配はよく聞くけど、実際のところどうなの?
ママ
ママ
パルシステムは高くないの?

これらの疑問を解決できる内容になっています。

複数の生協宅配やオイシックス、ネットスーパーを入念に比較して決めました。

4年使ってみて確信しています。子育て世帯にとってパルシステムは最強の味方です。

子育て世帯にパルシステムをおすすめする理由は3つあります

  1. 無添加なのに手頃な価格
  2. 独自の放射能基準で安心
  3. 子育て世帯にお得な制度

このあと詳しくご紹介していきますね!

まずは資料請求で実際のカタログをご自身の目でご確認ください。

無料の資料請求をするだけで人気商品を1つもらえます。

パルシステムの口コミ!子育て中こそ使うべき理由

パルシステムは子育て中のパパやママこそ活用すべき食材宅配サービスです。

その理由は3つあります。

  1. 無添加なのに手頃な価格
  2. 独自の放射能基準で安心
  3. 子育て世帯にお得な制度

具体的にご説明しますね!

パルシステムは無添加なのに手頃な価格

子供にはなるべく食品添加物の入っていない食事をあげたいという人もいますよね。

パルシステムは、食品添加物や化学調味料が無添加の食品や、なるべく使わない食品がたくさんあります。

いくら身体によくても日々使うものだけに、高過ぎたら普段使いできませんよね。

パルシステムは、無添加の食品でも手頃な価格です。

例えば、お湯を注ぐだけのスープ「北海道コーンがおいしいスープ」は化学調味料不使用です。お値段は8袋で298円です。

一方、スーパーで売られているポッカなどのコーンスープは3袋で150円~200円ほどします。

一袋当たりの値段を考えると、パルシステムの方が安いほどです。

ほかにも、加工食品やミックスベジタブルや冷凍野菜は、基本的に国産の産地にこだわった材料を使っていますが、スーパーで手に入る類似商品と比べてもそれほど価格差がないケースも多いのです。

また、独自企画の商品が多いのも特徴です。例えば市販されているしそふりかけ「ゆかり」の化学調味料が添加されていないタイプが、パルシステムでだけ手に入ります。

このように、化学調味料無添加なのに高過ぎず、家計にも優しいというのが一つ目の理由です。

パルシステムは独自の放射能基準で安心安全

今はもうニュースにはなりませんが、土壌や海の放射能が分解される期間はとてつもなく長いため、まだまだ汚染されている可能性があります。

子供が口にするものは放射能も気になりますよね。

パルシステムは、国の基準よりも厳しい放射能の数値基準を設けて定期的に検査をしています。

希望すれば月に一回、放射能レポートが届きます。

野菜などの産地がカタログ等に明記されているのも、産地が気になる方にとってはうれしいですよね。

このように、パルシステムの放射能に対する取り組みによって安心安全が確保されているのが二つ目の理由です。

パルシステムは子育て世帯にお得な制度あり

パルシステムには、基本手数料がかかります。注文をしてもしなくても毎週200円(税抜き)です。

その手数料は、妊娠中と子供が満1歳になる直前まで、無条件で免除されます。

子供が満1歳から小学校入学前までは、5000円以上注文した週は、手数料がかかりません。

パルシステムは忙しい子育て中のパパママに優しいのが三つ目の理由です。

パルシステムは高いの?料金はどれくらい?

パルシステムは高いという意見もありますが、実際にはそうでもありません。

加入時には出資金が必要ですが、最低金額の1000円~2000円でOKです(最低金額は地域によります)。一度払えば追加で払う必要はありません。

それに出資金は退会時に戻ってきます。

あと必ずかかるのは、上にも書いた基本手数料の200円ですが、子供が小さいうちは減免制度もあります。

お買い物料金は、なにをどこまで買うか次第なので、正直なんとも言えません。

わが家は4人家族で、主にパルシステムでしか買えないものを購入しています。

かものはし
かものはし
普段どういうものを買っているかは後半で詳しく書いているよ

おむつや洗剤などの日用品や観劇チケットなど食品以外のものを買う場合は高くなりますが、食品のみなら毎週5000円前後です。

かものはし
かものはし
ある週の注文内容と具体的な料金もあとでお見せするね!

では続いて、パルシステムを使うメリットをお伝えします。

パルシステムの口コミ!4年使って感じたメリット

パルシステムを4年使って感じるメリットを4つあげました。

一つずつご紹介します!

パルシステムは離乳食から幼児食までとくに大活躍

パルシステムには赤ちゃんや小さい子供がいる家庭向け専用のカタログ「yum yum」があり、離乳食時期に大活躍します。

かものはし
かものはし
一人目の離乳食時期に加入してほんとうによかったよー!

パルシステムを使っていなかったら、離乳食はもっと大変だったし、もっともっとベビーフードに頼っていたことでしょう。

いちばん重宝したのが、産直のうらごし野菜シリーズです。

にんじん、さつまいも、コーン、かぼちゃなどの産直野菜をうらごししたペーストが一回分に使いやすい状態で冷凍されています。

具体的な活用方法は共働きの晩ごはんに便利なパルシステムの食材に詳しくまとめています。

離乳食が終わる1歳半以降にぴったりな、かんたん調理で完成する食べ物も満載です。

朝ご飯には牛乳で溶かして温めるだけの「6種国産野菜のスープ」、お弁当にも使える「国産野菜6種の豆腐バーグ」、「プチ茶碗蒸し」などなど子供の食いつきもよく忙しいママにありがたいものがたくさんあります。

パルシステムの食材を活用したレシピは、カタログやサイトに載っているので誰でも手軽に離乳食や子供のご飯を作ることができます

パルシステムは時短できる商品が満載

パルシステムで時短につながる商品は主に3つあります。

  1. カット野菜とお肉と調味料がセットになったミールキット
  2. 焼くだけ・揚げるだけ冷凍食品
  3. 冷凍弁当

①⇒②⇒③の順で手がかからなくなります。

ミールキットはとても便利ですが、よく食べる4歳と2歳がいるわが家には量が少なめです。同じキットを2セット買うか、野菜等を自分で追加する必要があるため、あまり使っていません。

日持ちもするので、もっぱら②の焼くだけ・揚げるだけの冷凍食品を使っています。わが家でヘビロテの冷凍食品も後ほどご紹介します。

冷凍弁当は、私が二人目妊娠中の切迫早産で自宅安静になったときに大活躍しました。

パルシステムでは、ミールキットも冷凍食品も冷凍お弁当も国産原料や産直野菜が使われている場合が多いのが特徴です。

子供の食事はできる限りこだわりたいけど時短もしたい!という希望を実現できます。

パルシステムの注文時間を減らせる定期便

毎回注文する商品を選ぶのが面倒だし時間もないという方に便利なシステムがパルシステムにはあります。

定期便に登録しておくと、毎回注文しなくても商品が届きます。定期便は隔週と毎週から選べるので、利用頻度に応じて設定できます。

私は以下のような商品を定期便に登録しています。

  • 産直たまご(隔週)
  • にんじんくだものジュース100mL×18本(隔週)
  • 有機野菜5品セット(隔週)
  • 合いびき肉(牛7:豚3)(隔週)
  • 産直小麦の冷凍うどん5袋(隔週)
  • なめらか絹とうふ小分け3パック(毎週)
  • ミニポークウインナー(皮なし)(毎週)
  • すくすくパン豚(月1回)
  • 余った野菜2品セット(毎週)

商品によっては登録できないものもありますが、家庭でよく使われるものは大体登録できます。

定期便に登録していても、来週はいらないな…というときは、商品の注文の際、カタログでもネットでも簡単にスキップすることもできます。

かものはし
かものはし
仕事が忙しいときは注文商品を選ぶ暇もないし忘れることもあるから、必要最低限の商品が届く定期便に助けられているよ!

パルシステムで季節食材も宅配受け取り

パルシステムは日常的な食品や日用品だけでなく、クリスマスやお正月など季節やイベントに合わせた食材ももちろんあります。

例えば、クリスマスの鶏の丸焼きやローストチキンは、産地の分かる鶏肉を使用した温めるだけのものから、自分で作りたい人向けのお肉までそろっています。

パルシステムだけで一年間通して安心安全な食べ物をカバーすることができます。

このようにパルシステムには主に4つのメリットを感じています。

一方のデメリットも確認しておきましょう。

パルシステムのデメリット

私自身は大きなデメリットは正直感じていません。人によってはデメリットになりうることを3つ挙げました。

配達される曜日や時間を選ぶことはできない

パルシステムは配達日と時間を指定することはできません。住所等を加味したドライバーのコース次第で、決められた曜日に毎週届きます。

またうちのエリアでは、わが家とお隣さんでなぜか曜日が違います。加入時期なども関係あるかもしれません。

指定できませんが、受け取り時に不在でも問題ありません

パルシステム専用のカバーを被せて、誰かが開けたら分かるようなシールを貼った状態で玄関前に置いておいてもらえます。

夏は、希望すればドライアイスを増量してもらえるので、夜に帰ってきても冷凍食品が溶けたこともありません

かものはし
かものはし
私は毎週同じ曜日に決められているほうが楽だから特にデメリットとは感じていないよ

商品にそれほど差がないのにスーパーよりも高いものもある

パルシステムは、商品によっては、市販品とほとんど変わらないのに少し高いものがあります。

「パルシステムは高い」というイメージを抱いている人は、これが理由ではないでしょうか。

例えば、日常使いする牛乳は、スーパーで安いものだと170円ほどで買えますよね。

パルシステムの「こんせん72牛乳」や「酪農家の牛乳」は殺菌方法を工夫していたり乳脂肪分がやや高かったりしますが、250円前後と少々お高めです。

牛乳なんてどれも変わらないから安い方がいいという場合は、牛乳だけはスーパーで買うのがいいかもしれません。

でも重たい牛乳を持って帰らずにすむメリットも加味すると注文したい人もいるでしょう。

かものはし
かものはし
私はスーパーで牛乳を買っているよ!

産直がゆえに欠品することがある

パルシステムの野菜は契約している産地から直送されるものが多いです。

だから有機野菜などもそれほど高くない価格で買うことができます。

ただ、それがゆえに、天候不良や台風等の影響で欠品する可能性があります。

とはいえ、頻繁に起こることではなく、4年以上使っていて2回ほどです。もちろん欠品で届かなかった商品分の代金は返金されます。

以上、人によってはデメリットとなるだろう3つをご紹介しました。

ところで、食材宅配は一度加入したら解約しにくいイメージもありますよね。

パルシステムの退会・解約方法も調べてみました。

パルシステムの退会・解約方法は簡単!

パルシステムの解約方法は、公式サイトに以下の記載があります。

お問い合わせフォームから「脱退」を選択し、ご連絡ください。
※インターネット登録がお済みでない方は、お問い合わせ窓口か配達担当者にご連絡ください。

お問い合わせ後、所定の用紙をお届けしますので、ご記入のうえご提出ください。
お預かりしている出資金・増資金のご返金は、請求金額のお支払い完了後となります。

ウェブで連絡するか、電話するか、配達担当者に口頭で伝えるか、のどれかで解約することができます。

解約するときには加入時に払っていた出資金1000円~2000円も戻ってきますし、解約手数料などはかかりません

携帯電話でよくある「●か月以上、●年以上加入していなければいけない」という縛りもありません。

パルシステムを使ってみたい方は、1か月だけ使ってみることも可能です。

安心して始められますね

パルシステムはタベソダでもっと気軽に利用できる

パルシステムには2通りの注文配達形式があります。

基本の形式は、紙のカタログで注文し、配達時には納品書や次回カタログなどが届くものです。

カタログで注文する場合は配達日に次回配達分の注文用紙を提出します。ウェブからも注文ができ、その場合は配達日の翌日13時まで可能です。

この形式は、注文がなくても毎週配達員が家に来てくれますが、その分毎回、手数料の200円がかかります(上に書いた減免制度はあります)。

もう一つの形式は、完全にスマホアプリ「タベソダ」だけで完結する形式です。

カタログや納品書などの紙媒体のものは一切ありません。配達員は、注文があったときにしか家にきません。

手数料の代わりに配達料が注文に応じて1回165円~198円(税抜150円~180円)かかります。

商品が届かない週には手数料はかかりません。

ただし、通常の形式で適用される手数料の減免制度は、タベソダではないものもあり、地域ごとに確認する必要があります。

タベソダへは、ウェブから申請フォームに入力することで切り替えられます。

すべてスマホで完結すること、手数料が若干安いことから、タベソダ利用も人気です!

かものはし
かものはし
私は手数料の減免がある間は通常の注文形式のままでいるつもりだよ

パルシステムの人気おすすめ商品!

パルシステムでの人気商品や個人的なおすすめ商品の一例をまとめました。

化学調味料無添加だったり国産野菜を使っていたりするので子供にも安心して食べさせることができるものばかりです。

便利つゆ かつおや昆布などから出汁をとって希釈しためんつゆ
ホットケーキミックス 市販のHMによく入っている食品添加物が不使用
カレーフレーク 化学調味料無添加の溶けやすいカレーフレーク
餃子にしよう 国産小麦粉と国産野菜を使った冷凍餃子で味も濃すぎない
カスタードプリン 生乳、産直卵、砂糖のみで作ったプリン

ほんの一例ですが、わが家で頻繁に注文する5つです。

調味料や、冷凍食品、デザートなど、家庭の食事をすべて安心安全な食材をカバーすることができます

 

パルシステムのわが家流活用方法!

わが家では、上に挙げたような、調味料や冷凍食品、レトルト食品を中心にパルシステムで購入しています。

なぜなら、スーパーでは食品添加物や化学調味料無添加の商品を探すのが難しい場合が多いからです。

ある週に届いた商品一覧をご参考までに載せておきます。

温度 商品名 税込金額
冷蔵・定期便 なめらか絹とうふ小分けパック 149円
冷蔵・定期便 ミニポークウインナー(皮なし) 203円
常温 徳用北海道コーンがおいしいスープ8袋×2 580円
常温 徳用子ども用カレー屋さんレトルト 700円
常温 純米酢500mL 214円
常温 使えるカレー・甘口(フレークタイプ)×5 2050円
青果 もったいないグリーンセット(野菜2品) 322円
かものはし
かものはし
カレーは子供たちの大好物なので5個一気にまとめ買い!

冷蔵や常温の商品はそれぞれ別の発泡スチロールに入っています。

次の配達日に前回分の発泡スチロールは回収されます。

この内容で合計4218円(税込)です。

この回は5000円未満だったので手数料220円(税込)がかかりました。

かものはし
かものはし
具体的なイメージを持ってもらえたらうれしいよ!

パルシステムの資料請求とお試しセット

パルシステムを始める前に、資料請求でカタログをじっくり確認することができます。

無料の資料請求で人気商品を一品もらえるので簡単なお試しもできます。

\なにがもらえるかお楽しみ/

もっと多くの商品をお試ししたいという方は、お試しセットを注文することもできます

今なら、2000円相当の商品が、通常1000円のところ500円で購入できます。

2月末までのお得なキャンペーンなので、お試しセットが気になる方はお早めに!

\3種類のセットから選べる/

 

パルシステムの口コミまとめ!子育て世帯に役立つ食材宅配

パルシステムを4年使ったワーママがメリットデメリット含めてすべてをご紹介しました。

パルシステムが子育て世帯に役立つ理由は3つです。

  1. 無添加なのに手頃な価格
  2. 独自の放射能基準で安心
  3. 子育て世帯にお得な制度

わが家では、育休中の離乳食期はもちろん、仕事復帰して忙しくなっても定期便などを駆使して使い続けることができています。

解約時に出資金が戻ってきますし、解約手数料なども一切かからないので、合う合わないを確認してすぐにやめることもできます。

パルシステムをフル活用することで、子供に安心安全な食事を時短で出せるので、わが家では大助かりです♪