仕事

製薬会社MSLへの転職を検討する方へ!仕事内容ややりがいをご紹介

製薬会社の転職市場で増えているMSL(メディカルサイエンスリエゾン)という職種。

  • どんな仕事内容なの?
  • やりがいは?
  • どういうバックグラウンドの人がMSLとして働いているの?

転職して外資系の製薬会社でMSLとしてがっつり働いた私がそんな疑問へお答えします!

この記事には以下のことが書いてあります。

MSLの仕事内容

MSLのやりがいと大変さ

MSLになる人の特徴

MSLになる方法

転職活動するなら登録必須サイト

転職者満足度No.1DODA

外資系・ハイクラス求人に強いサムライジョブ

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20’s

企業の口コミが豊富!キャリコネ



製薬会社のMSLが担う主な仕事

MSLは元々は欧米で設置された職種です。

日本でも、まずは外資系製薬会社を中心にMSLが広まり、今では日本の製薬会社でもMSL部隊がいるところが増えています。

MSLの仕事は、ざっくり言うと「MRよりもさらに深い専門知識を生かして医師とコミュニケーションをとる」お仕事です。

製薬会社によっても多少業務の線引きが異なる場合はありますが、以下の業務を担うことが多いです。

  1. 科学的な根拠をもとに医師に情報提供および議論する
  2. その疾患領域で影響力をもつ医師と関係を築く
  3. 医師から意見をもらう会議を開催する
  4. 論文や学会等から知識をインプットする
  5. マーケティングや営業部門・臨床開発部門への教育およびコラボレーションする

組織としては、多くの会社で、メディカルアフェアーズ部に属します。

メディカルアフェアーズ部には、MSLのほか、主に内勤で医師との会議の企画立案、論文や学会発表の準備、社内営業部門への研修などを担うチームもあります。

MSLは会社の戦略に沿って「自社製品の市場での価値を高める」ことが目的となります。

どういう情報があれば患者さんや医療従事者にとって使いやすい製品となるかを知るために医師から意見を聴く。

製品の特長を多くの医師に知ってもらうために、影響力のある医師から講演会や学会で発信してもらう。

人に説明すると「MRってこと?」と聞かれますが、MRとは似て非なるものです。

MSLは売り上げ目標は持ちません。

最終的にはもちろん自分の会社の利益につなげるために仕事をするのですが、中立的な視点で自分の会社の製品のことを伝え、医師からの信頼を得ることが大事です。

MSLのある一週間のスケジュール

とある新製品発売直後の実体験に基づいています。

月曜日 福岡の医師訪問
火曜日 オフィスで内勤
水曜日 東京の医師訪問
木曜日 大阪で学会聴講
金曜日 大阪で学会聴講
土曜日 大阪で学会聴講

当時MSLの人数が少なく日本の広範囲を担当していたので、出張がほんとうに多かったです。

一週間ずっと出張しているようなときもありました。

でも多くの場合、もう少し担当エリアが狭いので、例えば東京担当の場合、移動範囲は東京内で済みます。

この時期は飛行機に乗りまくっていたので、ANAのプレミアムメンバーになりました。

次に、私が考えるMSLのやりがいを挙げました!

MSLのやりがい

MSLは主に、自社製品の市場価値を高めていく活動をしていきます。

とくに新製品が承認される直前や直後は、MSLは大活躍します。

MSLは研究で得たバックグラウンドを生かせる

MSLは、アカデミアでポジションについていたような方が転職してくることもあります。

製薬会社で研究職をしていた方もいます。

自分が研究していた専門領域に関連する疾患にMSLとして携わる場合、スムーズにスタートを切れます。

仮に専門領域が違ったとしても、基礎知識や考察力やなどが役立ちます。

こもって研究するのではなく、より医療現場に近い位置で仕事をしたい方や人とのコミュニケーションも積極的にとりたい方には適した職種と言えます(もちろん研究であってもコミュニケーションは必要ですけどね)。

MSLはその疾患領域の専門医と議論できる

MSLがコミュニケーションをとるのは、主に、その疾患領域で発言力や影響力をもつ医師となります。

医師の意見を集め、それを製品の戦略に反映させていきます。

いかに医師と関係を築いていくか、意見を引き出すかはMSLの腕の見せどころです。

MSLは社内の様々な立場の人と一緒に仕事ができる

MSLは様々な部門の人と関わって仕事をします。

主には、マーケティング、そして営業のマネジャーやMR。

その他、製品の開発段階から申請までを主に責任をもつプロジェクトダイレクターや臨床試験を取り仕切るメンバーなど。

様々な部門メンバーが、それぞれの立場や視点で製品を育てていきます。

その中の一人が科学的情報をもとに医師とコミュニケーションをとるMSLです。

MSLにしかできない仕事がある

ここ数年、製薬業界内のルールがどんどん厳しくなっています。

医師に金銭やモノを提供して処方してもらうという時代はとっくに終わっています。

そのときカナメになるのが、メディカルアフェアーズであり、MSLです

科学的根拠をもとに医師に情報提供をする必要があるので、マーケティングや営業部門はメディカルアフェアーズ部門の意見を聞いてきます。

医師を集めての会議も主にメディカルアフェアーズメンバーしか開くことができません。

※会社によって多少ルールが違う可能性はあります。

今後もメディカルアフェアーズやMSLの仕事はますます重要となってきます。

MSLの仕事は充実していますが、大変なこともやはりあります。

MSLの大変さ

製薬会社のMSLに転職して、私が感じた大変さを挙げました。

MSLは数値による成果が分かりにくい

MSLはMRと違って売上目標などはありません。その分、数値での定量的な評価が難しい仕事と言えます。

例えば、医師への訪問回数や、関係者へのアンケートを取った満足度、プレゼンに対するフィードバックなど、総合的に成果をみていくことになります。

MSLは土日出勤や残業がある

医師相手の仕事となると、医師が通常業務が終えた後や土日に、会議やイベントが入ることがあります。

また、学会聴講なども大事なので、週末に学会に参加することもあります。

一方で、多くの外資系の製薬会社は、柔軟な働き方ができる制度が充実しています。

出張や重要な会議がない日は、テレワーク(在宅勤務)をしたり、有給休暇を取ったりとメリハリをつけやすい環境でもあります。

転職して製薬会社のMSLになる人の特徴

どのような経歴の人がMSLとして転職しているかを挙げました。

理系の博士号を持っている人

海外でポスドクや研究員をしていた人

他の製薬会社で研究職をしていた人

他の製薬会社のメディカルアフェアーズで勤務していた人

同じ疾患領域のMRをしていた人

最近は、博士号(PhD)を持っていて、海外や日本の研究機関で研究をやっていた人が増えています。

修士卒の方も多いですが、薬剤師などの免許を持っていることが多いです。

最近は、少なくなっていますが、MRからMSLへ転職された方もいます。

外資系の製薬会社の場合、英語が話せることも条件となりますが、ぺらぺらでなくとも相手と意思疎通をはかれれば、仕事はできます。

かものはし
かものはし
私は外資だけどカタコトの英語でがんばっているよ。英語もっと精進しなければ…

ただし、生命科学等の知識だけでなく、高いコミュニケーション力が必要となります。

実際、「知識とコミュニケーション力、どちらかに偏っていたら内定を出すのは難しい」と面接を担当しているマネジャーが言っていました。

とはいえ、これまでに大学の研究室や職場で同僚と仕事をしてこられた方なら心配することはないでしょう。

男女比は、私の体感ですが、ほぼ半々かせいぜい男性が若干多いくらいでしょうか。

男女関係なくできる仕事です。

MSLは未経験でもなれる?

MSLはこの5~6年で製薬会社に広まった比較的新しい職種です。

そのため、多くの人は未経験から仕事をしています。私もそうでした。

今は、転職市場にもMSL経験者が増えてきているでしょうが、まだまだ別の職種から転向する方の方が多い印象です。

研究や生命科学のバックグラウンドがありコミュニケーションスキルがあれば、30代後半~40代でも未経験としてMSLに転職する人も少なくありません。

私の会社にも40代でMSL未経験で転職されてきた方がいらっしゃいました。

私が転職活動をしていた頃は、まだ日本の製薬会社でMSL部隊がいる会社はほとんどなく、職種の知名度は製薬業界内でもまだそこまで高くありませんでした。

私自身もMSLのことは知らずに「薬事」や「臨床開発」で探していました。

ある会社の薬事職に応募したところ、会社からMSLを提案されたのです。

私は当時やりたいこと迷子だったのですが、MSLの話を聞いて「これだ!」と思ったことを今でも覚えています。

転職活動では情報を得ることがとても大事だと実感した瞬間でもあります。

製薬会社へMSLとして転職する方法

ネットなどでもある程度の情報は拾えますが、MSLなど専門性の高い求人は非公開であることも多いです。

まずは、転職サイトに登録するのが近道です。

求人案件が違うことはざらにあるので複数登録しておくといいでしょう。

どのサイトも登録無料、キャリアサポートなどのサービスもすべて無料です。

まず、業界トップクラスはやはり求人数が違います。

転職者満足度No.1のDODA

すでに30代半ば以上で研究のバックグラウンドがしっかりある場合は外資系・ハイクラスに特化した転職支援サービスが狙えます。

外資系・ハイクラス求人に強いサムライジョブ

私はそうでしたが、20代でこれからキャリアを積んでいく方、色々な職種を比較検討したい方向けです。

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20’s

企業の口コミで有名なキャリコネの転職支援サービスもあります。製薬会社の口コミも結構あり、私は当時読み漁っていました。

口コミみながら転職!キャリコネ

製薬会社への転職なら専門性を生かしたMSLという道もある

MSL部隊を強化する製薬会社は増えています。新製品を発売する際にはとくにMSLは重要な役割を担います。

製薬会社の薬事などもそうですが、一度MSLを経験しておくと、製薬業界内での転職には困らないでしょう。

実際、MSLになると、ヘッドハンティングやキャリアコンサルからのメールがしょっちゅう届きます。

製薬会社への転職を考えるときには専門性を生かせるMSLという道もあるというお話でした。

転職活動するなら情報が命

転職者満足度No.1DODA

外資系・ハイクラス求人に強いサムライジョブ

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20’s

企業の口コミが豊富!キャリコネ



 

こちらの記事もおすすめ!